FC2ブログ

something in the way

音楽と写真と自転車の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BLUE tal YOKOHAMA : Too White To Pink 3

本牧ゴールデンカップCanon EOS KISS DIGITAL X


3月28日は本牧にて約1年10ヶ月ぶりのライブでした。
企画のMorry†Burnsさん、スタッフの皆さん、来てくださった方々、本当にありがとうございます。

昼の部のワークショップの様子も見たかったので、早めに会場入り。
夜のライブのみの予定のところが、急遽ワークショップでセッションに参加と相成りました。

最初はドラマーとの2人だけのセッションが、気がつけばギターとベース、果てにはひょっこり来店した見ず知らずのピアニカ&2人のサックス吹きまでが乱入し、気がつけばカオスな音世界が広がっていたのでした。

IMG_4177.jpg


セッション終了後、Morryさんに乱入してきたピアニカと2人のサックス吹きについて聞いてみたところ、彼らは地元の人達ではなく、それぞれが遠方からやってきては、あちこちのセッションの場に参加し、その後ここにやって来たとのこと。
一期一会のセッション。またどこかでひょっこり会えたら面白い。


ワークショップ終了後、サウンドチェックを一通りこなし、ライブの時間を待つ。
自分の順番が来るまでは、対バンの方々のライブの様子をちょこちょこ撮影。

IMG_4181.jpg
狂走情死考 (Astro + Rohco)

IMG_4214.jpg
Ottaven (from Italy)

IMG_4219.jpg
Marcos Fernandes + Morry Burns


そして私の出番。今回はトリでの出演となりました。

数日前から音出ししたりはしていたけど、やっぱりブランクを感じました。
ノイズに限ったことじゃないけど、限られた時間でも上手く使えばいろいろ出来るはず。
忙しくて時間がないなんて、理由にはならない。
もっと自分の中の感覚は鋭くしていたい。

そんなことを考えたライブでした。
スポンサーサイト
[ 2010/04/03 00:17 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。